スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界はますますミクロマクロに

男子迷路 (CITRON COMICS)男子迷路 (CITRON COMICS)
(2010/01)
阿仁谷 ユイジ

商品詳細を見る


1番目の話が大好きです。一歩的にオナニーを見てもらってるだけではなく、見てあげてる側にも好意があって、そこから変化していく感じ。
それにしても阿仁谷さんの、H顔…アヘ顔ではない、エロイ顔が良いですね。
顔を掌に当てたらかなりしっとりしそう。
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

祭りの後は抜けがらさ

失恋ショコラティエ 3 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 3 (フラワーコミックスアルファ)
(2010/12/10)
水城 せとな

商品詳細を見る


サエコに絶賛片想い中の爽太。人妻だろうが小悪魔だろうが関係ない! いつか彼女に振り向いてもらうため、本日もスイーツ王子は奮闘の日々なのであります。そして同僚のオリヴィエもまた、爽太の妹・まつりに片想い。まつりはまつりで意中の男が…。とかくこの世は甘くて苦い片想いスパイラル。大人気、愛と贖罪のスイーツコメディ第3巻!

爽太も若いので、仕事もばっちりやりますが、その分セフレともばっちりやってます。
でもサエコには、評価が低過ぎて、彼女からのモーションも「そんな訳ないな」「サエコさんなら気軽にやるよな」とスルーする状態。それが功を奏してもいますが。
サエコのカマトト言動を「みえみえだから可愛い」って言う辺りは、過去に色々あって受入れた上で、現在も好きになってる爽太のおおらかさというかやられっぷりとか…。

駆け引きや心理描写は巧みですが、更にこういうところもちゃんと描かれる水城先生は凄いです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

今に見てろと 祈れよ乙女

ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)
(2010/07/09)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


市場に品薄で、これだけ読めてなかったのですが、読みました。
裸族の話だということは聞いていたのですが、途中からたえ子が恋愛、17歳のイノセント(笑)を武器にして、罠にパチリパチリと嵌めていく様子が最高です。天下一品のギャグです。
同級生がたえ子を応援して本人登場の流れは非常に良いです!

『薔薇の瞳は爆弾』のノリが好きな方なら笑って下さると思います。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

つながってる きっとどこか

十字道 1 (アルファポリスCOMICS)十字道 1 (アルファポリスCOMICS)
(2010/12)
パーダ

商品詳細を見る


オンラインで魔道からのファンですが、こちらも単行本化とは、早い!
道力の正道やら外道やら発想も面白いのですが、生かした戦闘になっているのには脱帽。

お名前PDと書いて、パーダさんと読むのを今まで知りませんでした。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

スゲエスゲエ幸せな気分の時は

GIANT KILLING(1) (モーニングKC)GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
(2007/04/23)
ツジトモ

商品詳細を見る


監督視点のサッカー漫画って読んだことなかったです。
途中までは単行本とモーニングで読んでましたが、雑誌掲載時に試合だと自分にはちょっと辛く、5巻くらいから放置してました。そしたらNHK教育でアニメ化したので観たら続きを待てず、結局最新刊まで一気読み。

野球は監督の采配や選手の育て方等が伺えますが、サッカーはまだ選手のものという意識が強かったので、そこをクローズアップして、実際に勝たないと行けないとこで勝ち抜けるこの漫画はとても面白いです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

悪魔の手先

1/15と16はもしかしたら楽しいことがあるかも。ブログ的、にはどうかはおいておいて。
7日は、1年ぶりの男前に会ったのに、6日からの運の悪さに加えノロかって程体調が悪かったので日本酒もろくに飲めず21時に去る始末。しかも頂いたアニメージュ版『夢幻紳士』を机の下にぶちまける醜態。
しかも男前に「マンガ狂の人」と言われ、もう、もう…再起不能。

6日になぜか冬コミの十月機関のコピー誌を読める機会があり、震えながら読ませて頂きました。
お豊の「戦国ランス」での「親父殿ー!」が。アサシネのキャラ紹介まであって、単行本化しない可能性を考えたらやっぱりREXを購入するしか無いのかなーとね…。全部単行本化して下さいっ。うぅ。

秘密(トップ・シークレット) 7 (ジェッツコミックス)秘密(トップ・シークレット) 7 (ジェッツコミックス)
(2009/10/29)
清水 玲子

商品詳細を見る


現時点で一番『秘密』の中で壮大な話なのに伏線が完璧、絶品の7巻。
まあ薪さんが騙されるんだからそういうトリックなのですが、もうお見事です。

物語の完成度もさることながら槇さんの優美さは変わらずで、千堂に圧力をかける場面は最高でした。
「だからまだ警視正なんです」 薪さんはこうでなきゃー 

青木や他の部下に関して、胸を痛める薪さんの様子は毎回こちらも辛くなります。
ラストの千堂に対する薪さんの仕掛け、薪さんの人間に対する愛情のリベンジも秀逸。

現在連載中の青木の事件も面白いですが、まだ終わってないので、現時点でのベストの巻です。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

つまり毎日を行け

昨日から出勤して仕事。1/4は全員残業と12月初旬からお達しがありやがりました。仕事始めが、一年で一番忙しい悪夢のような毎年の年明けですが、まー無事に終わりました! マンガも読んだしっ。覚悟していったら去年の年明けよりは楽だったし!
年始年末テンプレもたたんで、平常運転ですよ、弟たち。1/4から、年始挨拶もそこそこ、同僚男子に『cure jazz』CDと『ワン・ゼロ1巻』、ハイロウズ好きに『ドリフターズ1巻』(しか出てないんだけど)を押しつけてきましたよ。腐れ!お前らも腐れー!

ひとりたち (花とゆめCOMICSスペシャル)ひとりたち (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2010/09/17)
菅野 文

商品詳細を見る


『オトメン(乙男)』の方だと思っていたので、この表紙を書店でみた時は驚きました。
でも絶対面白いだろうと読ませて頂きました。

表題作は予想通りですが、天涯孤独の女性が、遺品整理の仕事をする。しかも母の残したメモに描かれていた男性と。
謎もあるシリアスもので、しかも多くの日本人がこれから迎えるであろう孤独死。結婚しても他方が早くなくなったり子供が疎遠ではないのに遠くにいたら、孤独死になる。
でも『ひとりたち』とくくって貰うと、なにか手段を講じることが出来そうな気がしてきます。これが「孤独な人達」なんかだとああん?バカにすんなよーみたいになってきちゃいますが。

この中の『悪性-アクサガ』が表題作とはまた違う煌めく魅力のピカレスクロマンで、知らなかったので驚きました。好みです。読もうと思って、幾つかの書店や漫画喫茶に行きましたが、在庫無し。
取寄せかポチるしかないのかー。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。