スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Life On Mars?

志水ゆき全集1 LOVE MОDE (1) (ディアプラス・コミックス・デラックス)志水ゆき全集1 LOVE MОDE (1) (ディアプラス・コミックス・デラックス)
(2009/11/25)
志水 ゆき

商品詳細を見る


高級デートクラブ『B&B』のコールボーイと間違われ、
うっかり犯されてしまった和泉(いずみ)。
ところがその強姦相手・高宮(たかみや)は、いつのまにか和泉の毎日に優しく侵食してきた……。
一方、その高宮の友人で『B&B』オーナーの蒼江(あおえ)は、
ある日警戒心丸出しの、やせっぽちの高校生・直也(なおや)を拾うーー。

淋しい大人の男と、一途な高校生のたったひとつの純愛を描き、
BL界の金字塔となった伝説のシリーズ『LOVE MODE』、
描き下ろしのキャラクタープロフィールも収録の完全版登場!!



表紙の絵と中身は再録なので、全然違いますが、和泉の粗野な感じは、当時の方がよく出てると思います。
後はオーナーの蒼江の鬼畜ぶりも当時の方が…。

当初はノリが良いなーと思ってましたが、段々ノリではなく、練られた構成に唸るようになってきました。
ハイソな方々の力づくのゴリ押しでなんとかなるハーレクインBLではないことが、つい先日から志水さんの読者になった自分には新鮮です。

プロフールは今の絵なのがサービスなんでしょうが、以前の絵の味わいも好きです。
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

The Free Design

是-ZE- 3 (ディアプラスコミックス)是-ZE- 3 (ディアプラスコミックス)
(2006/02/28)
志水 ゆき

商品詳細を見る


館内で話が進むのかとおもいきや、3巻は、玄間×氷見でした。
大人しい美人の氷見がなかなか報われなくて…。

展開的には志水さんの作品だから大丈夫なんですが、やきもきします。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

Peekaboo

是 -ZE- (2)是 -ZE- (2)
(2005/08/30)
志水 ゆき

商品詳細を見る


阿沙利が素敵です。
新書館だからエロは軽めにしか出来ないのかなーと思っていたら、しっかりありますね、の2巻。
紺君は普通の少年(という表現が出て来る時点でBLにハマってきてる気もします)で、雷蔵君とのやりとりが可愛いし。
和記の黒棺の謎は次巻?

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

Don't Take Your Time

可愛いひと (ビーボーイコミックス)可愛いひと (ビーボーイコミックス)
(2000/10)
紺野 けい子

商品詳細を見る


友人から借りた初紺野 けい子さん本です。
同じビーボーイコミックスで 2007/9/10に新装判が出てるみたいですが、私はこちらを借りました。

高校で男子校ならちょっとありえそうかなーとおもいますが、共学でだと、先輩がよっぽど可愛いんだろうなと。
確かに、頭ふわふわで、すね毛は無いし、バスケしてても汗臭くなさそう。

タイトル通り、本当に可愛い恋人たちです。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

High Into the Sky

是 -ZE- (1) (ディアプラスコミックス)是 -ZE- (1) (ディアプラスコミックス)
(2004/12/25)
志水 ゆき

商品詳細を見る


これも友人から借りました。友人はきっと私をBLに染めたいんだと思いますが、作品自体が面白いかどうかなので…。ミステリも百合も冒険小説もBLも変わりません。

古野まほろの探偵シリーズのようにバリバリの陰陽師ではなく、言霊と操る主人と、式神のようなかみ様のお話です。
底意地が悪いようでも、へろりと悪いことが出来るような悪人はこの作家さんには登場しないようです。
そういう点で、安心して読めるお話。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

佐治 花時雨(さじ はなしぐれ)

初恋姫 (白泉社花丸文庫)初恋姫 (白泉社花丸文庫)
(2009/02)
凪良 ゆう 街子マドカ (イラスト)

商品詳細を見る


華族の流れを汲む企業グループ、佐治家の末っ子、花時雨は、蝶よ花よと育てられたまさに深窓の“お姫さま”。祖父の命を受け、ご先祖さまの主筋となる下町の定食屋の危機を救うために、住み込みで手伝いに入る。とはいえしょせんはお姫さま育ち。慣れない仕事に失敗ばかりしてしまう。さらに若主人の上月一心を好きになってしまい…。お姫さまの初恋。だが一心には秘めた想い人(しかも♂)が。

友人に借りた本。
佐治 花時雨(さじ はなしぐれ)ってのが主人公の男のお姫様。
この表紙も綺麗ですし、中身もギャグながら下品ではなく、定食屋の様子等読まされるので、どんどん読めてしまいました。
凪良 ゆうさんは花嫁シリーズとこの『初恋姫』の3冊しか読んでませんが、結構既刊本があるんですね。
どシリアスなんてのもあるのかなー。ちょっとシリアスものも読んでみたいかも。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

Feigned Hearing

志水ゆき全集2 LOVE MОDE (2) (ディアプラス・コミックス・デラックス)志水ゆき全集2 LOVE MОDE (2) (ディアプラス・コミックス・デラックス)
(2009/11/25)
志水 ゆき

商品詳細を見る


オーナーがこんなに人間らしくなるなんて、驚きです。
今の絵だと、オーナーが若く可愛く見えますね。
あの頃にしか描けない二人だったんだと思うと、にわかファンでも愛おしさがあります。

超絶美人のいずみさんが、今の絵だと、自分には普通に見えてしまいますが、今の絵だと美形揃いだからでしょうか。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

見も知らぬ 至福の花

仕事で嫌なことがあって、ジェリーフィッシュでも聴くか、と用意していて
ふと、『白虎野の娘』を思い出し、聴いてみる。

パプリカを劇場で観た時、新宿の年末で最終週なのに、人がぎっしりで、筒井さんラブな自分はそれだけで嬉しかったのですが、筒井さん+今井さんと平井さんのパワーを侮ってました。

こんな凄いアニメがあっていいのか!と。元々原作も(漫画化分も)好きなので、悪化しようがないだろうとは思ってましたが…。

別れる予定の相手と、『パプリカ』の素晴らしさについてその後、数回語らねばいられなかったので、その日に別れるのが延期になってしまった程に、凄かったです。感動が大き過ぎて、共有と確認が必要だったです。

平井進氏にはP-MODELの方という認識しかなかったので、劇場で開演前に流れる、この『白虎野の娘』には非常に驚きました。
いつ聴いても泣ける歌を貰ってしまったことと、歌詞の美しさ。声の美しさ。

今日迄勝手に歌詞をあてていたので(回る花をワルハラとか、娘の視野を娘のしらべとか)、ネットのおかげで正確な歌詞を知ることが出来たのも良かったし。

これを書きながらも10回以上聴きましたが、始めの数回はやはり泣きました。


筒井さんの本、1冊ごとに感慨深いですし、ブログもお元気そうな御様子が伺えるだけで嬉しいです。
表参道に行くと、ついつい寄り道してしまいます。あの場所にあの佇まいが、堪りません。

テーマ : お気に入り&好きな音楽 - ジャンル : 音楽

サメに喰われたあの娘

ばら色の頬のころ (F COMICS)ばら色の頬のころ (F COMICS)
(2007/03)
中村 明日美子

商品詳細を見る


『Jの総て』はfで読ませて頂いておりまして、その後のこの作品を読んだら、なんというかほっとしました。

タイトルも、そうだな、そんな頃があったんだよな…と懐古してしまいますし、
特にポールとモーガンの二人が良かったです。



友人には現在のBLは大好きでも、ギムナジウム設定や『トーマの心臓』が全く分からないという人もおります。
それはそれで勿論ありなのですが、年をとるごとに変わっていくのか、多感な学生の頃ですら分からなかったものは社会に出て、家庭に入り、子育てに邁進したら、一生分かることは無い感性なのか、追って確認したいと思います。
なんとなく、全く興味ないまま、分かりたいとも思ってなさそうですが。

また、学生の頃は、大島弓子蹂躙ものだと思ってるキャラ○ルボックス大好きだった女性も、良い感じで社会人になって目が覚めた場合もありました。
だからといって、大島弓子や萩尾 望都を読むかというと全くスルーなんですよね。


うーん、わたしが『よつばと!』好きでも『おたくの娘さん』はそんなにってことと同じなのかな。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

Magic

闇の末裔 12 (花とゆめCOMICS)闇の末裔 12 (花とゆめCOMICS)
(2010/01/19)
松下 容子

商品詳細を見る


8年も経過していたので、もう続編はすっかり諦めてました。

絵が変わってますが、描き込みが凄いので、そちらに圧倒されました。
話は連載分と比べて進んでなく、都筑くんが出てないのが、寂しい…。コメント欄にでも出て欲しかったです。

ゲームは自分が好きな『俺の屍を超えていけ』がピックアップされていて、流石だわと。しかも好き過ぎてエンディングを観られないと…。
エンディングを観たいが為に、友人に養子に出しまくった自分とエライ違いです。


待ってる作品No1の『FSS』はどーなってるんだろ。
小説では、上遠野さんの事件シリーズも割と待ってます。コーンウェルのスカーペッタシリーズ同様、年始年末に出るイメージだったのに…。金子一馬さんの表紙にまた戻って欲しいなぁ。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。