スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間将棋とひなちゃんの強さ

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
(2010/11/26)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


人間将棋でほのぼのしながら、師匠と出身地の関わりが描かれ、部活で将棋が強くなっても負ける苦しみが描かれ、最後にひなちゃん!

こういうことまで描くから、羽海野さんの将棋漫画なんですよね~!!ひなちゃんが泣きながら言った言葉に共感して自分まで泣いてしまった。

自分もひなちゃんの気持ちは分かります。でも一人が怖いと思った事が無いです。おかしくない?と思いながらそこで居続ける方が辛いから。適当にその場に居て、ずーっと誤魔化せないからそれなら一人の方がいいです。
この漫画なら『ミスミソウ』にはならないだろうし。

ま、今でもおかしいと思う事は沢山有ります。大人になると周囲からは只の頑固だと思われてると思います。
でもひなちゃんには、この家族が居るから、皮肉屋になったりはしないと思う。そこも嬉しい。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

お前は俺を裏切ったりしねぇよな?

デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
(2008/09/05)
英田 サキ

商品詳細を見る


「俺はお前を信じてる。お前は俺を裏切ったりしねぇよな?」関東侠和会の那岐には誰にも言っていない過去があった。高仁会前会長の殺人犯を探す最中、過去の亡霊ともいえる男と再び顔を合わせることに…一方、記憶を失っていた安見は、自分の上司と名乗る男と会い、思いがけない事実に戸惑っていた。自分には火野が必要だ。火野がいなくてはならない。しかし、その関係は偽りのものだった!?裏切りと真実。希望と絶望。縺れ合う憎悪と愛情。そして絆。男たちの想いの行方は…。
デコイ囮鳥→上巻
デコイ迷鳥→下巻


安見が自分の過去を知り、火野との関係をどうするかの葛藤。
那岐の過去との対峙と加賀谷との未来。

加賀谷の愛情がもう可愛くて、加賀谷が出るならエスも速攻全部読むぞと思いきや、エスの方が先なので後日談ではないと教えて貰いました。その為エスはちょっと後でも良いか…と。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

半歩先の期待

焦がれる愛のリミット (講談社X文庫―White heart)焦がれる愛のリミット (講談社X文庫―White heart)
(2005/07/02)
和泉 桂

商品詳細を見る


“プライス”シリーズ待望の番外編!デパート勤務に悪戦苦闘する尚也は、美しく完璧な兄・怜史に憧れを抱く。しかし怜史は胸の内に秘めた過去を抱えていた。そこに、彼の弱みを握る男が現れて……。

後書きに、怜史組はアダルトなのでエロも頑張ってもらった云々とあり、期待しておりましたが、初々しさやそういう描写がちょっと欠けてまして…。回数はあっても、抵抗する描写が無いと物足りない自分には惜しい作品です。
和泉さんの作品なのでハッピーエンドになるのは嬉しいのですが、続編はこの番外編はなさそうで残念です。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

あえて抵抗しない

僕の小規模な生活(2) (KCデラックス)僕の小規模な生活(2) (KCデラックス)
(2008/10/23)
福満 しげゆき

商品詳細を見る


駆け出し漫画家”僕”の毎日。笑って、そして身につまされると、モーニング連載中から大評判!人間関係の軋轢こそがマンガの母だった!

単行本1巻が出て、書店様用にポップを作って、他誌の編集者から声をかけられて……。
巷でかなり評判の「マンガを描くマンガ家のマンガ」、1年ぶりに続刊登場です!


奥さんのご実家でのお話。大抵の旦那さんは、手持ち無沙汰ですが、福満さんの場合は更に色々気遣いしてしまい、疲れてしまいそう…と思いきや思った通りです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

なんとなく夢を

邪魔(上) (講談社文庫)邪魔(上) (講談社文庫)
(2004/03/16)
奥田 英朗

商品詳細を見る


この小さな幸せは、誰にも壊させない
2002年版「このミステリーがすごい!」第2位
第4回大藪春彦賞受賞
及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴1年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。


よく出来てるけど、『無理』同様に爽快感は無い作品。でも『無理』よりは数段精神的に楽です。
1998年の「ザイエンス新潟支店毒物混入事件」がモデルではないかと言われています。

御主人が放火犯ではないかと疑ったその時から家庭が壊れる。奥様が別のものになる。
やりきれなさは一級品です。

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

ソフトに死んでいる

DARKER THAN BLACK ~漆黒の花~ 1 (ヤングガンガンコミックス)DARKER THAN BLACK ~漆黒の花~ 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/10/24)
岩原 裕二BONES

商品詳細を見る


トーキョーエクスプロージョンから数週間後…。警視庁公安部の霧原未咲は、不可解な殺人事件の裏に「黒の死神」と呼ばれた契約者の関与を察知した――! 岩原裕二によって紡がれる完全新作、第3の「DARKER THAN BLACK」登場!!

黒の契約者は途中から観てまして、面白いなぁと思ってました。
その後の2期は観てませんが、岩原 裕二のファンなので、新刊というだけで嬉しく、読ませて頂きます。

アニメをみてなくても、独立して読んでも面白いです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

那岐と加賀谷

デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
(2008/08/28)
英田 サキ

商品詳細を見る


「あんたにとって、俺はなんなんだ?」
銃を手に意識を取り戻したとき、安見亨はそれまでの記憶をすべて失っていた。

自分に怯える安見に名前を教え、優しく、けれど得たいの知れない闇を感じさせる男、火野。
一方で高仁会元会長の殺人事件をめぐり、ある男たちが呼び出されていた。関東侠和会に属する那岐と加賀谷だ。
交錯する過去と現在。そして、因縁。男たちの闘いが始まる!!

デコイシリーズ:上巻→デコイ囮鳥
下巻→デコイ迷鳥


エスは読んでませんが、これは面白いですね!英田さんのファンになりました、あっさり。
物語も心理描写もエロも上手いのは凄いです。個人的にはハードボイルドにエロがあるのがたまりません。
奈良さんの絵も美麗です。眼鏡の加賀谷が好みです。那岐に惚れてる故に弱いとこが可愛いです。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

The Days of Wine And Roses

Under the Rose 5―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)Under the Rose 5―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)
(2008/03/24)
船戸 明里

商品詳細を見る


19世紀英国貴族の家庭を舞台に、ひたむきな人間たちのドラマを紡ぐ大人気ヴィクトリアン・ストーリー第5巻。大幅加筆修正あり!

実は5と6巻を一番最初に手に取ったのです。その後1から読んだので、
4巻の暗さが続いたらどうしよう…という心配は有りませんでした。順番に読んでたら結構辛かったかも。

正賓会をレイチェルの提案で行ない、様々な貴族がやってきます。
悪戯小僧がやってきて、レイチェル凌辱から屋敷全体にカメラが移行します。

分かり辛いウィルの優しさ、階段の上と下で目を交わす箇所は、船戸明里さんの漫画ならではです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

Rose su Rose

Under the Rose (4) 春の賛歌 (バースコミックスデラックス)Under the Rose (4) 春の賛歌 (バースコミックスデラックス)
(2006/11/24)
船戸 明里

商品詳細を見る


著者からのコメント:「陵辱!家庭教師!編」です。毎年秋ごろ発売予定です。
初版の誤植です。
p25 ×「僕にあれに」→○「僕はあれに」
p49 ×「辱めて」→○「苛(いじ)めて」
p136 ×「田舎教師」→○「田舎牧師」


コメント通りです。団鬼六の『女教師』が好きな方にはたまらないでしょう。
6巻までの中で一番重力が働く作品。気持ちも塞がってしまいます。エロいですが。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

Presentation of the rose

1年以上前に下書きにして、放置でした…。ちゃんと見直さないといけませんね。

Under the Rose (3) 春の賛歌    バースコミックスデラックスUnder the Rose (3) 春の賛歌 バースコミックスデラックス
(2005/10/24)
船戸 明里

商品詳細を見る


ロウランド伯爵邸に家庭教師として来たレイチェルは、そのひたむきさで徐々に生徒であるロウランド家の子供たちと心を通わせつつあった。ただ一人の心を除いては…。

2巻でハッピーエンドになったかと思い、レイチェルがどんなガヴァネスになるかと思いきや…流石カバーの少年は違います。
レイチェルも逃げ出せない事情もあり、色々対策を講じますが…。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。