スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年の手嶋、青八木VS1年の今泉、鳴子、小野田

弱虫ペダル 7 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 7 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/08/07)
渡辺 航

商品詳細を見る


1年の坂道君は初心者の筈なんですが、他の2人は天才扱いの漫画です。
同じ部なのに、インターハイに出る枠がある為、競わなくてはならない。
1年に対して、2年の2人は凡才。でも勝つ為の策がある…。

ロードレースは確かに個人競技ではないので、チームを勝利に導く為の策がある。
正直、読者としてはこの部は全員チームに出て一丸となって戦って欲しいと思ってしまう。

結末は…?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

天使の絵の具で塗りかえる

禁忌を抱く双つの手 (白泉社花丸文庫BLACK)禁忌を抱く双つの手 (白泉社花丸文庫BLACK)
(2009/02)
藍生 有

商品詳細を見る


戸川多希は大手食品メーカーに勤務する、ごく普通のサラリーマン。親の転勤と入れ替わるように5年振りで実家へ戻ってきた多希は、義理の弟である高校生の双子、理と覚の3人で暮らすことになった。ある日、多希は満員電車で男に痴漢されて悦び喘ぐ姿を弟に目撃されてしまう。痴漢相手に乱れたことに怒った双子は、それから多希を毎日のように犯す。ベッドで、バスルームで、さらには電車内で嬲られるうち、多希の心に“被虐の悦び”が目覚めていく。しかし相手は義理の弟でもある双子。はたして3人の禁忌は、どんな結末を迎えるのか…。

登場人物は異なりますが3Pものとしては下記に続くようです。
『双つ龍は艶華を抱く』
『白き双つ魔の愛執』

イラストの双子だけが好みから外れていましたが、他は全て好みです!多希が可愛い。
多希は当初から痴漢のまさぐり(笑)にすら感じているくらいだし、双子の愛ある攻めなら更に受入れてしまうと思います。背徳感も多少ありますが、多希の彼女の存在等がないので、希薄です。

エロに割く頁もかなり多いので、読み応えがありました。
ラストもちょっと多希の身体が…と心配になりましたが、3人にとってハッピーエンドなので問題無しです。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

三角関係が無い…!

オレ以外立入禁止っ! (アクアノベルズ)オレ以外立入禁止っ! (アクアノベルズ)
(2009/01/23)
月夜野 亮

商品詳細を見る


「息子を捜しに行く!」同じビルに働くサラリーマンとして再会して以来三年――。高校時代から憧れ続けていたサッカー部の先輩・三ヶ森に告白を拒絶され続けてきた織田は、挙句思いもかけない言葉を聞かされてしまう。成り行き上、一緒に息子捜しを始めた織田だが、ふたりの前に現れた息子の虎治は高校生で、しかもその顔がなんと…!? 織田の情欲の炎が、三ヶ森の肌を熱く灼く、年下攻ハードラブ!

この表紙から見て、息子の虎治との三角関係だと思いますよね。
最後のHはそうなるのかと思いきや、全然そうなりませんでした…。
三ヶ森に対して色々な攻めを行なうのは良いのですが、葛藤がないので読んでいてつまらないです。
SMが始まっても道具を使うのは良いのですが、三ヶ森がそんなに嫌がってないのがつくづく惜しいです。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

ガンズ・オブ・ドミネイション

PEACE MAKER 6 (ヤングジャンプコミックス)PEACE MAKER 6 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/11/19)
皆川 亮二

商品詳細を見る


決闘チャンプの証明書を7枚集めた“GUNMAN"の称号を持つ者によるトーナメント戦“G・O・D"がついに開幕! 開催地である“赤の国"へとやってきたホープ達だったが、そこにビートの姿は無かった…。はたしてビートは、7枚目の証明書を手に入れ、期限内に開催地である“赤の国"へと辿りつく事ができるのか? 全国の猛者たちが集う“G・O・D"編突入!!

皆川さんの絵の躍動感は素晴らしい。アクションでも動きが固まってる絵が多い中、皆川さんのこの作品を読むと感動します。

ホープ連中が饂飩を気持ち悪がらずにかき込んでいる姿も好きですし、初登場のガンマンやすぐに破れてしまう相手のこともこのトーナメントに至るまでの過程がしっかり描かれていて、各々を応援してしまいます。すぐに結果が出てしまうんですが。

撃ってる時以外のホープの脱力感も相変わらずですが、物語の行く末が提示されて、シリアスめです。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

モラトリアムとニート

瞳子 (ビッグコミックス)瞳子 (ビッグコミックス)
(2001/06)
吉野 朔実

商品詳細を見る


自分が一体何者なのか、何をしたいのかなんてわからない…。だから、私は考える…。大学を卒業後、ぶらぶらと毎日を過ごす瞳子(とうこ)のささやかな日常を、実力派作家・吉野朔実が優しい視点で描いた読み切り作品。

以前はニートという言葉が無かった。だからこそ、モラトリアムの数年をひたすらに楽しんだのだと思う。
いま、『瞳子』を読むとこの家族は優しいなぁとしか思えない。
好きなものがあるなら、その為に「働けよ」と自分なら言ってしまう。

列挙されている音楽、文学、骨董、お茶は全て自分も好きだし、好きになるだろうものだと感じる。
でもこの瞳子に移入出来ないのは、その一点に尽きると思う。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

触れた指先が痺れた

溺れるナイフ(11) (講談社コミックスフレンド B)溺れるナイフ(11) (講談社コミックスフレンド B)
(2010/11/12)
ジョージ 朝倉

商品詳細を見る


どうすればいいのか わからないけど 欲しいのはこの子だけだ――。せめぎあい、追い上げ、追い込んでいく、破裂寸前の十代のこころを描いたジョージ朝倉の最新作!

なにもかもが癇に触った。
目を逸らすことのできない「存在」に強烈に引かれた。
最初から、そうだった─。
長谷川家の財産を狙う母親とコウの家に入り込んだ従弟の桜司は、酷薄なコウの態度に苛立つが…。
気高くあやうい十代が、新たに出会う。
展開の第11巻!!


夏芽がコウと接点が無いと寂しく感じてしましますが、大友といちゃついてる時にバイクでぶっこまれたりしていて、多少の感傷等ぶっ飛ばされます。ジョージ先生のパワフルな十代ものは相変わらずです。

コウの事が桜司視点で描かれていて、10巻分の謎が多少は解けた感じ。
今月の連載分を読んで、コウと夏芽の復活愛(笑)前に、まずは大友で癒されるのもありだなと。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

爆ぜる闘志

弱虫ペダル 6 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 6 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/06/08)
渡辺 航

商品詳細を見る


「高まり、そして爆ぜる闘志!!」

コースに慣れるとタイムも上がる!
先輩が熊のように蜂蜜を食べるのが、可愛い…。掲載誌はチャンピオンなのに…バキなのに…。
人間を超える漫画じゃないとか、勇次郎が出ないだけでこんなに違うのかしら。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

どうか僕の胸に降りて欲しい

イルゲネス~黒耀の軌跡~(5) (アヴァルスコミックス)イルゲネス~黒耀の軌跡~(5) (アヴァルスコミックス)
(2010/11/15)
石据カチル桑原水菜

商品詳細を見る


養父・リッテンバー博士から、出生の秘密を明かされたフォン。自分が”○○○”だという事実を受け入れられず、思いつめたフォンは、軍学校の屋上から身を投げようとするが…。

原作は未読です。
この美麗な絵も、これで終わりかと思いきや、続編があるとのことで、安心しました。元々はフォンの脚の長さがもっと短めだったと知り、編集さんのおかげでこの長さなのか…と。

5巻の展開自体はよくある展開でしたが、フォンが可愛いので、漫画としては文句無しです!

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

おばあさま無理なさらないで…?

トリニティ・ブラッド 第13巻 (あすかコミックス)トリニティ・ブラッド 第13巻 (あすかコミックス)
(2010/11/24)
九条 キヨ

商品詳細を見る


教皇とともに王都ロンディニウムを訪れたエステルは、自身の出生の秘密と向き合うことに!? 一方アベルは切り裂き魔ジャック・ザ・リッパーの凶刃に…!!

おまけ漫画のおばあさまの久しぶりの御登場や、まさかの王女様やアベル。
いやーキヨさんが原作に関わってるのではないかと言う程の、生き生きとした巻な気がします。
ゾンゼロも大好きです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

宝箱を開ける

よつばと! 10 (電撃コミックス)よつばと! 10 (電撃コミックス)
(2010/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


毎月、漫画喫茶で電撃大王を読んでいますが、時々読み忘れもあります。
『よつばと!』とヤンキンの『ドリフターズ』の読めない月末は、来月を乗り切るパワーが不足します。ゼロサムの『LOVELESS』はもう諦めました。
殆どアフタの『からん』のおかげでなんとか毎月乗り越えてます。むげにんもそりゃ好きなんですが、単行本で一気読みしたい派です。

で、今回はホットケーキで、思う存分よつばに失敗させるとこが好き。
そして、仁王様に嘘つき報告して、帰り道の失敗に関するお説教(一応は説教なんですが、嫌な気持ちにならないのでと―ちゃんの見解って感じ)のとこが大、大好きです!

もともととーちゃんのこういうとこが好きでこの作品にのめり込んでいったんですが、最近はよつばの個人活動が多くなって、あんまりとーちゃんと!じゃなくなってきたので、寂しくなっていたんです。

ジャンボのあさぎやヤンダ絡みも楽しみです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。