スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サメに喰われたあの娘

ばら色の頬のころ (F COMICS)ばら色の頬のころ (F COMICS)
(2007/03)
中村 明日美子

商品詳細を見る


『Jの総て』はfで読ませて頂いておりまして、その後のこの作品を読んだら、なんというかほっとしました。

タイトルも、そうだな、そんな頃があったんだよな…と懐古してしまいますし、
特にポールとモーガンの二人が良かったです。



友人には現在のBLは大好きでも、ギムナジウム設定や『トーマの心臓』が全く分からないという人もおります。
それはそれで勿論ありなのですが、年をとるごとに変わっていくのか、多感な学生の頃ですら分からなかったものは社会に出て、家庭に入り、子育てに邁進したら、一生分かることは無い感性なのか、追って確認したいと思います。
なんとなく、全く興味ないまま、分かりたいとも思ってなさそうですが。

また、学生の頃は、大島弓子蹂躙ものだと思ってるキャラ○ルボックス大好きだった女性も、良い感じで社会人になって目が覚めた場合もありました。
だからといって、大島弓子や萩尾 望都を読むかというと全くスルーなんですよね。


うーん、わたしが『よつばと!』好きでも『おたくの娘さん』はそんなにってことと同じなのかな。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。