スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唇よ、熱く君を語れ

儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
(2008/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る


米澤 穂信さんの作品はお菓子シリーズや『クドリャフカの順番』『犬はどこだ』等ぽつぽつと読みましたが『インシテミル』が一番好きでした。『汝は犬狼なりや?』好きと言うのもあるかもしれません。新都社の『汝は~』も勿論好きです。

この作品のタイトル、てっきり西澤保彦さんの新刊だと思ってました。作者の漢字の雰囲気も似てる気がするので、いつも間違えがちなのですが、中身は西澤さんの方がかなりにアダルトでございます。

『儚い羊たちの祝宴』はバベルの会にまつわるお話が入っているのですが、自分はラストの話は好きなものの、他の作品は米澤さんならもっと工夫出来るんじゃないかなーとちょっと物足りなかったです。

そういう場合は乙一を読めば良いんだ、と思ってアマゾンを探しましたら、ジョジョ本以降余り無い御様子?あら?
映画撮ってるんですか?

そう言う場合は古野まほろんです。相剋シリーズの後2冊、残してあるぞなもし。

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。