スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfect Love

探偵小説のためのノスタルジア 「木剋土」 (講談社ノベルス)探偵小説のためのノスタルジア 「木剋土」 (講談社ノベルス)
(2009/06/05)
古野 まほろ

商品詳細を見る


獄霊島―そこは世界から忘れられた瀬戸内の孤島。ふたつの旧家の澱んだ血脈が、銀山の跡目を争うとき、和歌の調べとともに、悲しき連続殺人劇の幕が上がる!呪われた遺言、謎の大量殺人鬼、そして不可解な見立て。怨念の島に隠された忌まわしい因果とは…ってそんなことよりコモが死んじゃった!!コモが犯人に負けた!?もう、べろちゅうができないなんて、そんなのいやぁっ。

ゴツボ×リュウジさんの表紙では、目をそらせ気味にしているあかねんの方が美人に感じますが、毎号の表紙をみてるとシリーズの二人の親密さに沿ってることに今更驚きました。

まさにあらすじの通りの展開なんですが…ミステリに百合やBLが絡めてあるのに、古野さんの作品がそんなに人気がなさそうにみえるのが不思議な気がします。「仄か」なレヴェルを逸脱してるからでしょうか。

この作品は、今迄の3つの探偵シリーズの中では、真相に最も驚きがありました。

5つめで終わってしまうのは分かっているので、読み終えたくないんです…。

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。