スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福な亡骸

ヴァンデミエールの翼 1 (アフタヌーンKC)ヴァンデミエールの翼 1 (アフタヌーンKC)
(1997/04)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る


『なるたる』『ぼくらの』『殻都市の夢』『終わりと始まりのマイルス1』は読んでますが、なかなか見つからずに、読めてなかった初期作品。

amazonレビューにレイ・ブラッドベリの名作「何かが道をやってくる」をモチーフに描かれた物語。とあります。

1巻目は虐げられている描写が多いので、見ていて辛いものがありますが、グロさと言う点では初期だからか低めです。グロな描写が鬼頭さんのしたいことではないんですね。
最近の長編作品ではそこが目立ってしまうので、余程のまんが好きでないと、お勧めし辛いです。心理描写だけで充分な気がするのですが、その前にショックな現実を描かないとやはりいけないのかな…。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。