スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hoa-Ky 花旗

あんだろの合い言葉は安心して最後まで絶望していってね!

Under the Rose (2) 春の賛歌Under the Rose (2) 春の賛歌
(2004/09/24)
船戸 明里

商品詳細を見る


GOOD OLD-FASHIONTED LOVER BOYを書いて、その翌日には全巻揃えていた訳ですが、このシリーズは愛田真由美先生の『マリオネット』好きだった頃の自分を思い出しました。懐かしい。
1巻はなんとなくミステリかと思っていた部分があるのですが、2巻では、ガヴァネスのレイチェルが登場。
表紙のレイチェルの眉毛がちょっと綺麗ではないなあとは思いますが、中の絵は数段美しいです。効果も調度品も丁寧…。正直、雑誌掲載ならもっと知られて、売れてると思います。というか、もっと早く知りたかったです!

器量が良すぎる故に、職にありつけなかったガヴァネス。
色々女性ならではの描写もあり、読後にあとがきで、自分の思い込み修正も可。

Honey Roseの配信も読みましたが、6巻まで読んだ後で良かったと安堵。
描き直し不要なので書籍判で今すぐにでも出してもらえたら嬉しいな~。
紙の方が、読んでもらえる世代なのです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。