スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな元で極道修行させちゃってくれんかのう

仁義なき戦い 代理戦争 [DVD]仁義なき戦い 代理戦争 [DVD]
(2001/08/10)
菅原文太

商品詳細を見る


深作欣二監督の実録ヤクザ映画シリーズ第3作。今回は昭和35年から38年までの広島を舞台に、ヤクザ同士の血みどろの抗争を描いていく。広島最大の暴力団・村岡組の跡目をめぐって山守(金子信雄)と打本(加藤武)が対立。打本は広能(菅原文太)を仲介に神戸の明石組組長(丹波哲郎)に盃を申し入れるが、それを不快とした村岡は、山守を跡目に据えた。抗争に敗れた打本は神戸の明石組組長(丹波哲郎)の元へ逃れ、一方の山守は神戸の神和会と手を組んだ。かくして代理戦争が勃発していく…。
複雑怪奇に入り組んでいく男たちの思惑と行動を見事にさばく深作演出は、ここでも絶好調。シリーズの人気者(?)山守組長に匹敵するほど狡猾な打本役の加藤武も、味のある演技を披露している。(的田也寸志)


武田がえらい格好良いなと思ったら、小林旭でした。そうか、流石ひばりの旦那様…。
打本が山守をとっとと終わらせてくれるかと思いきや、否・否・否!!
まさに『悪い奴ほどよく眠る』です。

村岡が山守を押すとは思えなかったので意外でしたが、この頃はまだ悪行を知らなかったんですね。

テーマ : 色あせない名作 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。