スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島やくざは芋かもしれんが、旅の風下に立ったことはいっぺんも無いんで

仁義なき戦い 頂上作戦 [DVD]仁義なき戦い 頂上作戦 [DVD]
(2001/08/10)
菅原文太

商品詳細を見る


深作欣二監督による傑作実録ヤクザ映画シリーズの第4作。今回は前作から引き続き、昭和38年春から翌39年にかけて勃発した広島抗争事件の実態がリアルに描かれていく。今や広島は、西日本の広域暴力団・明石組と神和会の代理戦争の舞台と化した。明石組系の広能(菅原文太)や打本(加藤武)と神和会系の山守(金子信雄)らとの対立がどんどんエスカレートしていく中、一般市民の被害も続発していったことから、ついに警察は暴力団撲滅運動に乗り出し「頂上作戦」を敷き、組長や幹部などを一斉検挙。しかしその後も、山守系の武田(小林旭)と広能系の岩井(梅宮辰夫)との激突が繰り広げられ…。
シリーズ最大の盛り上がりを示しながら、血みどろの抗争の果て、ヤクザ世界に空しさを覚えていく広能たちの諦念なども巧みに描かれているのが興味深い。(的田也寸志)


松永の退室はあっさりしてましたが、ただ、映画の中に出てこないで、実際は暗躍してるのかと思ってました。本当にあれきりで引退し、その後は実業家になったとは…。
敵に密通したり、金の無心をしたりする人物も居て、もう無茶苦茶。
なのに命の取り合いはエスカレートしていくばかり。

挙句、主人公も武田も網走かと思われる寒冷所の刑務所に真冬に裸足で閉じ込められ…。
タマの取り合いしても、ムショでは下の名前で呼び合って、生き延びる事を応援するところで、ほろりと、

…もっと早く、こうなれば良かったのに。

山守だけなのにね……。

テーマ : 色あせない名作 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。