スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hide and seek hazy night

AnotherAnother
(2009/10/30)
綾辻 行人

商品詳細を見る


その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける…。

御夫婦共々、10年程作品を愛してます。
この厚さも、当初はホラーなら『殺人鬼』みたいなのだったら良いなぁと思いつつ、読み始めました。

中盤までは自分mo主人公同様靄の中を歩いてるような感じです。でも然程怖さは感じません。
ミサキとちゃんと話せるようになると一気に終盤まで読めます。
相変わらずの読み易いので1000枚分と聞いても苦痛では有りませんが、多少の冗長さは感じます。

終わりは、確かに犯人?は意外でしたが、でしたが…謎は呪いということでそのままなので、
ミステリではないと思うのです。

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。