スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬくもりにぬかれるもりた ぬくもりにぬかれたくなどなかったもりた

無理無理
(2009/09/29)
奥田 英朗

商品詳細を見る


人口12万人の寂れた地方都市・ゆめの。この地で鬱屈を抱えながら生きる5人の人間が陥った思いがけない事態を描く渾身の群像劇。

『最悪』『邪魔』のシリーズだと思い読みましたが、違います。
これは『闇金ウシジマくん』の小説版ですね。

てっきり最後には阿部和重の『シンセミア』くらいのカタルシスはあるだろうと思いきや、そんなん一切なし。
伊良部シリーズ程でなくても良いから、こんなに厚いのでせめて『ララピポ』程度には笑いや転換もあったら嬉しかったです。

読み切った後、速攻『弱虫ペダル』を手に取りました。
世間が暗いなら、自分が切り替えなきゃ、明日に進めないです!

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。