スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩いたり走り出したり止まったりあなたのことを思ってみたり

弱虫ペダル 4 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 4 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/01/08)
渡辺 航

商品詳細を見る




2巻からのウェルカムレースが絶頂。

初心者の主人公・坂道を馬鹿にせず、色々伝えようとする部員や顧問。
ライバルの二人も、各々坂道の成長を待ったり、期待したりするところが『シャカリキ!』と多少違う。

部長の言う通り、坂道はもう駄目なの?と思う場面。経験者に対して、ここまで追詰めたんだから充分じゃないかと
思っていると、鳴子がアドバイスを授ける。
当たり前の展開なんだろうけど、コンプレックスだらけの坂道に対して、少しでも成功体験を与えて欲しいと願ってしまう自分は、完全にオカンモードです…。しかも漫画喫茶で、この巻でも泣くの堪えてるし…。

「全力いうのはな、汗も、血も、最後の一滴まで絞りきることや!!」
ジャンプは読んでも、友情とか努力とか勝利に関して、ニヒルもいいとこになってしまった自分ですが、
このマンガには熱い涙が出てきてしまいます。

『のりりん』では泣きませんが、
『アオバ自転車店』も読んだら泣いてしまうんだろうか…。
『のりりん』は鬼頭先生の既刊によって、事故らないかの恐怖がつきまといます。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。