スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Days of Wine And Roses

Under the Rose 5―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)Under the Rose 5―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)
(2008/03/24)
船戸 明里

商品詳細を見る


19世紀英国貴族の家庭を舞台に、ひたむきな人間たちのドラマを紡ぐ大人気ヴィクトリアン・ストーリー第5巻。大幅加筆修正あり!

実は5と6巻を一番最初に手に取ったのです。その後1から読んだので、
4巻の暗さが続いたらどうしよう…という心配は有りませんでした。順番に読んでたら結構辛かったかも。

正賓会をレイチェルの提案で行ない、様々な貴族がやってきます。
悪戯小僧がやってきて、レイチェル凌辱から屋敷全体にカメラが移行します。

分かり辛いウィルの優しさ、階段の上と下で目を交わす箇所は、船戸明里さんの漫画ならではです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。