スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸の中、何にもわかってないよ

堕罪 (ダリア文庫)堕罪 (ダリア文庫)
(2006/08)
和泉 桂

商品詳細を見る


編集の桜井透也は引越しを終え、担当作家で恋人でもある穂高櫂を新居に招く。1Kの部屋を訪れた穂高の反応は新鮮で、2年の月日を経て穂高と一緒にいられる幸せを透也は実感する…。そんな中、小説の三部作完結を記念し、穂高櫂を特集したファンブックを出すことが決まる。そこで透也は改めて自分が穂高の過去を何も知らない事実にショックを受けて―…。書き下ろし短編つき。

有罪
原罪
贖罪
堕罪(補完分)です。

穂高さん目線の文章がやっと来ました。
透也でなくても、Hの相手くらいにしか思えなかった読者には本当にほっとする巻です。
ほかのBLも小冊子等はやめて、薄くても商業誌にして欲しいものです。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。