スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母なる大地よ 全てが忘られてゆくならば

第二次世界大戦紳士録第二次世界大戦紳士録
(2009/08/10)
ホリエ カニコ

商品詳細を見る


月刊アームズマガジンの人気連載コラム(著:ホリエカニコ)がご好評にお応えして、単行本化が決定いたしました。
第二次世界大戦時の著名人の知られざるエピソードがコミカルに、時にシニカルに描かれており、歴史の本としてより深くコミックを楽しむために歴史上の事件・事変等を紹介したコラム等、読み物としても充実の内容でお贈りします。
また、より読みやすく、より楽しめる点を反映し、B5変形(257ミリ×257ミリ)の大サイズの版型での刊
行となります。
ミリタリーや歴史だけでなく、人間模様を堪能できる1冊の登場です。


ナチのハーケンクロイツはドイツでは禁止。ヒトラーに対抗するフランスのレジスタンス等は有名ですが、党内部にいなかったのか?と思いきや、この本を読んで、反対勢力はちゃんと存在したことに安堵しました、何回も爆薬を仕掛けられつつも生き残るヒトラー…。その他の紳士達の事も殆ど知らなかったので、非常に面白くよめました。

日本の軍人の山本五十六に関しても描かれてますし、海軍陸軍のことは余り知らないので、こちらも面白い。愛妻家が思ったより多いのも嬉しい!あの有名なラブレターも触れられてます。

この勢いで菅野直あたりまで描いて欲しかった。そしたら『ドリフターズ』との違いを楽しんだのにー。

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。