スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化する文学

千葉ロッテが丁度優勝。7-8。
中日の浅尾君が頑張っていたので、ちょっと残念。
えー…チョコレートやお菓子が安くなるのかな。

0:00からは『閃光のナイトレイド』!この時代、上海、政治背景…時々アニメで面倒な題材を扱ってくれるものがありますが…大好きです。
アニメは疎いので、再放送分で知りましたが毎週楽しみです。

いとしくて残酷なきみ (コバルト文庫)いとしくて残酷なきみ (コバルト文庫)
(2002/10)
金丸 マキ

商品詳細を見る


レベルの高い高校への編入。継春にとって、それは家を出るための手段だった。寮で同室になった梶原領は、きさくで明るく、成績も優秀。長いつきあいの彼女までいて、誰からも一目置かれるヤツだ。継春は彼の裏表のない性格に憧れを抱く。他人には言えないようなことをしている自分と比べて、彼はとてもまぶしかった―。ままならない恋、そしてぶつかりあってしまったふたりの関係は…。

後書きに、1年半ぶりの単行本とありましたが、地の文も心理描写も巧みで、もっと読みたいと思います!
おじさまとの件は、コバルト文庫で大丈夫なのかな…?と思ってしまう程です。自分のコバルトは氷室冴子さんのイメージなので。

タクミ君シリーズの1冊目『そして春風にささやいて―』と主人公の生立ちが似てますが、15年程後のこちらの作品の方が様々な描写が細かいです。
読者に要求されるレベルもこんなに上がったんだななーとBLの進化を目の当たりにしたような気持ちです。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。