スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M男は攻めがヘタ

FRAGILE (B‐PRINCE文庫)FRAGILE (B‐PRINCE文庫)
(2008/04)
木原 音瀬

商品詳細を見る


大河内の人生は、バラバラに壊されてしまった。一人の男の手で―。才能あふれる部下・青池を嫌い、一方的に蔑ろにしてきた大河内。我慢の限界を迎えた青池は大河内に襲いかかるという事件を起こし、社を去っていく。目障りな存在がいなくなり安堵したのも束の間、ある夜、その青池が大河内の自宅で待ち構えていた…!大反響の雑誌掲載作に大量書き下ろしを収録。二人が踏み込んだ愛憎の迷路のたどり着く先は―。


最初は酷かったんですが、読み進めていくうちにM男がSをやろうとして失敗する話に思えてきました。
で、なんとなくMらしく落ち着いていくので、やり方はまずかった(私なら絶対許せない程)ものの、
各々の本性に基づいた立場に落ち着くんじゃないか?というところでオワリ。
最後は木原さんの後書と同じ気持ちになりました。

後、木原さんのエロって基本さらっとしてますよね。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。