スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年を重ねて やっと忘れられたはずなのに

記憶の技法 (フラワーコミックス)記憶の技法 (フラワーコミックス)
(2002/10)
吉野 朔実

商品詳細を見る


『少年は荒野を目指す』が大好きでした。その後『ジュリエットの卵』も読んでましたが、その後、心理分析的になっていったのは、あまり好きではなかったので、ひざひざにこの作品も手に取りました。

記憶喪失の女子高生が自分のルーツを探す話。
一人だと何も行動出来ない彼女が、支援者である同級生の男子のおかげで行動出来る。
いつも頼りっぱなしだった彼女と彼の関係も最後にちょっとした種明かし(?)もある。

記憶を封じ込めるのは簡単なことじゃない。その動機のショックも描かれてます。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。