スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪の揺れるのが好き

3シェイク (ラヴァーズ文庫)3シェイク (ラヴァーズ文庫)
(2008/03/25)
秀 香穂里

商品詳細を見る


「俺かあいつか、どっちかにしときゃよかったって、たっぷりと後悔させてやるよ・・・」
ロスタ・プロダクションの敏腕マネージャー、岡崎遼一は事務所の新人、幸村京を売り出すため、人気監督の佐野のもとを訪れる。
しかし、幸村を起用する代わりに佐野が出してきた条件は、岡崎の「奉仕」という、とんでもないものだった。
動揺する岡崎とは反対に幸村は激怒し、映画には出ないと言い出した。
幸村もまた、岡崎を自分のものにしたいと思っていたのだ。美貌の俳優と、高慢な監督の巧みな罠に絡め取られ、岡崎は---。


秀さんはエロ以外の構成が凄いですよね。エロも好きなんですが、メンタル調教ならもっともっと言葉攻めをお願いします!と強く思ってます。それにしてもこの表紙は凄い…。

幸村が野性の証明のような男という設定らしいのですが、奈良さんのイラストだと愚鈍そうな感じが強調されてしまい、脳筋ぶりは納得なんですが、老若男女が見蕩れる感じは岡崎の方が上のように描かれてます。
岡崎の美しさには言葉もありません。中のイラストも最高です。

岡崎がやられ放題、快楽の溺れて終わりにはならないところが、秀 香穂里さんの作品だなとつくづく思います。
秀 香穂里さんの魅力はまだまだ尽きないですねー。読むぞー。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。