スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が笑う 何気ない世界で

執事の特権 (SHYノベルス149)執事の特権 (SHYノベルス149)
(2006/01/26)
榎田 尤利

商品詳細を見る


「この仕事に必要なものは忍耐と経験、幅広い知識、そして寛容と自己犠牲です」業界大手の乃木坂製薬の営業職の面接に出向いた仁は、なぜか27人目の特別秘書候補として、執事である富益の執事教育を受けながら、乃木坂製薬経営企画室本部別室室長であり、創始者の孫である乙矢の住む屋敷で暮らすことになっていた。眠っているときの乙矢は美貌の貴公子さながらだが、現実は人に影を踏まれるのも嫌いな潔癖性で人間嫌いで毒舌家でわがままでひとりよがりで神経質な男で、仁はまるでバイ菌扱いを受けるはめに!バトラー・ラブ登場。

読み終わってすぐに続編を探しました。
…あれ?続編はないの…?いや、今執筆中ですよね1?と思いたいくらい大好きな作品です。

この後、交渉人シリーズを読んで大ハマりする訳ですが、今はこの二つが榎田作品で高ラブ度の双璧です。

榎田さんものを幾つか読んでもピンときませんでしたが、これはガッチリ嵌りました。ツンぶりも良いし、最後の最後に心を折るようにしてデレるのが可愛い。体育会系お兄さん執事さんも良いです。
うん、良いなあ…。

佐々木 久美子さんのイラストも素敵です。特に執事!!
最後のオチまで良かったです。ああ、続編…読みたい…。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。