スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUMMER TIME GONE

世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)
(2007/09/14)
杉原 理生 高星 麻子(イラスト)

商品詳細を見る


中学2年生の速水有理は、父親と弟と3人で暮らしていた。やがて3人は父の友人・高宮の家に身を寄せることになるが、そこには有理と同じ歳の怜人という息子がいた。次第に親しくなり、恋に落ちる2人だったが…。怜人との突然の別れと父の失踪から5年後。大学生になった有理は弟の学と2人で慎ましやかな生活を送っていた。そんなある日、怜人と再会するが―。

冒頭の文章から引込まれました。
『いとしさを追いかける』はそんなに惹かれなかったのですが、『37℃』とこの『世界が終わるまできみと』は全く違う話ながら、一人の人をずっと想いつつも、それが読者に呆れられないという筆力の高さが際立ってます。
イラストの高星さんの絵も柔らかそうで好みです。

家の問題を取り上げたら、とても一緒には過ごせないと部外者は考えますが、一緒に暮らした時間がある人間同士にとっては、世間が考えるような薄っぺらな時間ではなかったと。

杉原理生さんのファンにどんどんなってしまいそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。