スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみや孤独に打ちのめされても

唇にキス 舌の上に愛―愛と混乱のレストラン〈3〉 (二見シャレード文庫 た 2-13)唇にキス 舌の上に愛―愛と混乱のレストラン〈3〉 (二見シャレード文庫 た 2-13)
(2009/04/23)
高遠 琉加

商品詳細を見る



瀟洒な一軒家のフレンチレストラン「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」。支配人として出向してきた理人には、この店を足掛かりにフレンチの老舗「ゴルド」を買収するという目的があった。上司の叶はよき理解者だが、父に遺棄された理人は当時の思い出に絡む叶の想いを受け止めることができない。その理人の心をさらにかき乱すのは、シェフという立場を超え内面に迫ってくる久我の存在だった。怖いのに優しくて、出会ったときから自分を壊してしまうとわかっていた男―。嵐のような奪われた一夜が明け、理人の前にいたのはしかし…。
【シリーズ既刊】
『 愛と混乱のレストラン 』
『 美女と紳士と野獣 ~愛と混乱のレストラン 2 ~ 』


北島亭もコートドールも大好きですが、小説を読んで本当に料理が美味しそうだなーと思う事は割と珍しいので、その点でも素晴らしいです。
理人が、たった1巻の猶予しかないのに立ち直れるのかと不安でしたが、叶さんと久我でよく選択しました。
女性がデートレイプされたら、絶対有り得ない展開ですが、男性ですし、BLだし、さらーっと読んでしまう不思議…。
本当にこの作品は経営の話も料理も、恋愛も無理がない展開で、完成度が高く読ませる力が凄いです。

まずは、パティシェの番外編が楽しみ。

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。