スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイもの2弾目

ダブル・ジョーカーダブル・ジョーカー
(2009/08/25)
柳 広司

商品詳細を見る


結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ。D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城中佐が放った驚愕の一手とは―。表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など、5編を収録。吉川英治文学新人賞&日本推理作家協会賞W受賞の超話題作『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第2弾、早くも登場。

明石元二郎の話など、わくわくする自分には、とても好きなシリーズ。霜月さんのマンガの結城中佐も格好良くて大好きです。
なのに最後の話で、シリーズ終了になってしまうのは非常に寂しく感じました。【柩】 とラストの【ブラックバード】 が特に好きです。「とらわれるな」、なんだなぁ…。

エリック・アンブラーの『グリーン・サークル事件』をアマゾンで勧められたので、メモメモ。

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ダブル・ジョーカー」柳広司

結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。 その戒律は「躊躇なく殺せ。潔く死ね」。 だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかが
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。