スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルビー色した月の訳

マリオネット (第1巻) (白泉社文庫 (あ-4-1))マリオネット (第1巻) (白泉社文庫 (あ-4-1))
(2006/11)
愛田 真夕美

商品詳細を見る


『あんだろ』読んで、久しぶりに思い出した『マリオネット』。
友人はカインシリーズと言ってましたが、自分には幼い頃に読んだ、ダニエルですよ!!

漫画喫茶で探しましたが、7万冊所蔵してるあの店でも、置かれておらず。
文庫で出てるのは知らなくて、見つけて全4巻一気に購入。
ただ文庫だと、美しいダニエルが小さくなってるの残念です。
髪をなびかせる描写が大好きでした。

思い出の中では子供の頃のダニエルと『黒のコレット』のダニエルに分かれていて、
友人達は大人ダニエルが好きだったのですが、自分はあくまで子供ダニエルの容赦ない感じが好きでした。

今、読み返すと、自分のデビル度が分かります…。
しかもダニエルは色々苦悩してるのに、そんな描写は一切記憶になく、ただのサイコパスのように、思っていた自分…。

大人になって、読み返すべきですね、色々と。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。